役員会が新体制になりました!

こんにちは! 

仙台三高第49代應援團長の皇月ノエルです(≧▽≦)

 

 

 

本日の記事では、役員会の新体制について、私なりの視点から解説させていただこうと思います!

 

先の総会では、ちょうど役員改選の時期だったこともあり、役員会のメンバーも入れ替わりました!
その折に、私も常任幹事にしていただくことができました!

 

 

 

さらに今回の役員会からは、新しい仕組み「小委員会制」を導入してみています。

常任幹事、幹事が、それぞれの希望や適性に応じて各委員会に振り分けられ、主に「尚志会の活性化」を最終目標として、さまざまな分野からのアプローチをしています。

 

 

下に各委員会の名称と、役割などを簡単に書いていきます!

 

 

1、会務委員会
役員会・各小委員会の会務(会場の手配、日程の設定、資料の作成や当日の運営など)を担当します。

 

2、会報編集員会
尚志会報の編集を担う委員会。去年から配布を始めている、同窓会入会式のリーフレットも作ります。

 

3、WEB委員会
尚志会のホームページを改善・充実させるための委員会。若い世代の同窓生と繋がるには、インターネットやSNSが欠かせません。

 

4、企画委員会
新しいプロジェクトや同窓生向けのイベント、新しいやり方などを企画する委員会。

 

5、活性化委員会
尚志会活性化を考える委員会。新しいアイデアを募ることもしますが、はじめに出たやりたいことは、「総会の出席率向上」と「懇親会をもっと楽しくする方策について」です。

 

6、創立60周年記念事業委員会
60周年記念事業に向けて作られた委員会。まだ本格的には活動していませんが、60周年が近づくとともに中心になって動いていく委員会です。

 

 

 

新しい仕組みなので、これから変更すべき点なども出てくるかもしれません。そのゆとりを考えて、「活性化委員会」や「企画委員会」など、柔軟性のある名前をつけられた委員会もあります。

 

 

 

ちなみに私皇月は、「会報編集委員会」「WEB委員会」「企画委員会」「活性化委員会」にメンバーとして入らせていただいています!
幅広く頑張ります(≧▽≦)

 

どの委員会も、自由にそれぞれの小委員会のメンバーで集まることができ、そこには自由にオブザーバーを呼ぶことができる仕組みになっています。より多くの人の意見を取り入れることができます。

 

 

 

 

新体制になった役員会で、これから頑張って参ります!