かっこよさを追求する

押忍!

三高51回生、第49代應援團長の皇月ノエルです(*^-^*)

 



はじめましての方は、下のリンクから皇月ノエルの自己紹介をお読みいただけます♪
1、皇月ノエルになるまで
2、皇月ノエルの恋愛遍歴
3、三高のきっかけいろいろ



また、外部サイトで個人のブログも更新中です! そちらも見て頂けると嬉しいです。

Spiritual Teller スピリチュアル作家 皇月ノエルのブログ 
 
 
 
 
 
應援團幹部として活動した中で、振り返って思うことがあります。
 
歴代の先輩方、そして私が顔を知っている後輩たちは、
個々人が様々な理由や考えやきっかけで、應援團に関わることになったでしょう。
 
私にも、もちろん入団のきっかけとなった出来事があります。
 
 
 
でも應援團幹部としての活動を続けていく中で、先輩方は、そして私の後輩たちは何を考えていたのだろう?
後輩にも聞く機会がなかったことなので、個人的に気になっています。
 
 
そして私個人に限った話をすれば、私が應援團を続ける動機というか、心の支えにしていたものは他ならぬ「かっこよさ」でした。
 
 
 
 
 
應援團は、かっこいい。
 
それは入団前から引退後まで変わらない、私の應援團に対する印象です。
 
 
ただし、入る前と入った後とでは、「應援團は(すごく地道で目立たないこといっぱいするけど)かっこいい」と追加された印象もありますけれどね。
 
本来、應援團とは縁の下の存在。実際に競技などに出るわけではないのですから。
 
 
 
けれど自分の大声が活かせるというところに、私は最初の魅力を感じました。
 
ただし、應援團幹部となれば、はっきり言って楽しいことばかりではありません。
 
 
 
何日も大声を出し続けていれば、最初の頃は喉ができていなくて声が枯れるし、
入団までの高校生活は文化部(新聞文芸部)だったから、筋トレですぐ筋肉痛になってへばるし、
それなのに朝練は筋トレだし、慣れない太鼓で足と腕はぷるぷるだし……。
 
 
演舞を覚えるのも遅くて、先輩には多大なる迷惑をかけたと思ってます。
(應援團は連帯責任という思想のもと運営されています。私ができなかったぶん、私より経験のある先輩も、一緒に演舞追加の憂き目に遭いました。すいませんでした)
 
 
 
 
それでも、そんな土だらけになるような練習を気合いで乗り切り、いろんな部のいろんな応援に触れさせていただけることで、
歯を食いしばるような練習は、応援の時に「かっこいいい姿」を見せるための土台になっているんだ! ということを肌で感じました。
 
 
 
かっこよく背筋を伸ばし続けているためには、普段から背筋を伸ばす癖をつけていることが必要。
 
ばてずに旗を振るためには、普段の練習が不可欠。
 
通り続ける声は、応援当日だけの付け焼刃では限界がくる。
 
 
 
私は目立ちたがり屋でかっこつけたがりだから、「かっこいい姿を見て欲しい!」という(小汚い)気持ちが、幹部生活を乗り切っていく大きな動機の一つでありました。
 
 
私の後輩たちにはもっと高尚で優秀な人たちが多いので、もっと立派な動機を持っていることと思います(笑)。私はこんなです(;´∀`)
 
 
 
 
けれど一つ言えるのは、その「かっこよさの追求」も、生半可な覚悟では続かないということ。
どんな動機で應援團に関わろうがありがたいことですが、きっと関わろうと決意し、実際に「やりたい」と声を上げてくれて、ご縁がつながる人たちは、並々ならぬ気合いを内に秘めているのでしょう。
 
 
自分なりの、自分だけの「應援團の活動の、ここがやりがい」「ここが楽しい」という点がなければ、練習をし続けたり、筋肉痛に耐えたり、授業中の眠気と戦ったり……(笑)するのは、かなり厳しい人が多いのではないかと、私は見ていて感じます。
 
 
 
もちろん私のように、「應援團、かっこいい!」と思い、興味を持ってもらえるのはとても嬉しいことです。
そしてぜひその後には、「應援團のこういうところがかっこいい。自分もそういうかっこいい幹部になりたい!」と思って貰えるようになるといいですね(^_-)-☆
 
 
 
 
この「皇月ノエルのなんでもレポ」を読んでくださっている方から
質問を大募集いたします!(*´▽`*)
質問は、基本なんでもOK。

なんでもレポでは、主に三高に絡むネタを多く書いていますので
三高に関わる話題だと嬉しいです(^_^)
さらに、應援團に関わることだともっと嬉しいです!
私から、一方的に應援團のことについて発信するのではなく
読者様から広く質問をいただき、それにお答えしていく形で
もっともっと應援團について知っていただけたらと思っています。
「ずっと気になっていたんだけど、應援團の○○ってどうなってるの?」
「普段は何しているの?」
「今の應援團はどうなっているの?」
はたまた
「ノエルさんって何してる人ですか?」
等々、なんでもお寄せください!
私の知識が及ぶ範囲、私が三高應援團で学んだこと
全力を傾けてお答えさせていただきます!
質問は、「皇月ノエルのなんでもレポ」にコメントを書いていただくか
尚志ヶ丘倶楽部のTwitter
(上の下線部をクリックしていただくと、SNSのページをご覧いただけます)
に、「なんでもレポの質問です」という頭言葉をつけて、お送りください!

この頭言葉があれば、私のブログ、Twitter、Facebookに送っていただいても大丈夫です。
たくさんの方からの質問、お待ちしております!
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
 
 
三高51回生 第49代應援團長
皇月ノエル