常に全力。【三高應援團の心得】

押忍!

三高51回生、第49代應援團長の皇月ノエルです(*^-^*)

 



はじめましての方は、下のリンクから皇月ノエルの自己紹介をお読みいただけます♪
1、皇月ノエルになるまで
2、皇月ノエルの恋愛遍歴
3、三高のきっかけいろいろ



また、外部サイトで個人のブログも更新中です! そちらも見て頂けると嬉しいです。

Endless Magic∞ スピリチュアル作家 皇月ノエルのブログ

ありのまま恋愛應援團長 皇月ノエル



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日も、應援團について語っていきます!
 
 
 
本日から3週間は、
私が三高應援團で学んだことというテーマでお届け。
 
 
これは2017年7月に、泉パークタウンタピオという施設の企画「タピ大」で講演させていただいた内容と重なります。
 
お越しくださった方も、そうでない方も、ぜひぜひ楽しんで読んでいただけると嬉しいです(*´▽`*)
 
 
 
 
 
 
私が三高應援團で学んだこと。
 
 
その1つ目は、常に全力ということです。
 
 
 
 
常に全力。
これは歌唱指導で、新1年生に最初に教えることでもあります。


最初に歌わせるのは校歌ですが
音程より、歌詞より、まずは全力で声を出すことが大切。

 
 
けれど、全力で声を出すということは、自信がついてこないとなかなかできないことですから
歌詞をしっかり覚えていること、音程がそこそこ正しいことが必要になってくるわけです。

(指導の中ではかなり音程がずれている人も見受けられますが……(笑))
 
 
 
 
 
そして、應援團員たる三高生たちに指導する側の應援團幹部は
もちろん「常に全力」を極めていなければなりません。
 
 
指導者が実践できていないことを、後輩に教えるなど、指導者の面目が立たないからです。
 
 
 
指導を受ける側としても、「でも、あなたできないんでしょ?」という気持ちになることでしょう。
 
 
 
 
だから應援團幹部は、毎日全力で声を出して練習し、全力で演舞をするのです。
(授業態度も全力……多分(笑)。)
 
 
 
それに「常に全力だ」と先輩方から指導していただいたことにより、それが應援團幹部としての活動だけではなく、
他のことにも活かされるようになりはじめました。
 
全力で小説を書いて
全力で学校行事に参加して
卒業後は全力で王子(彼氏)と遊びに行って……
 
 
何をするにも真剣になります。
 
良い意味で、目の前のことにだけ集中できる。
 
 
 
 
全力、というのは、すべての力を今、目の前で行うことに集中させることですから
他のことを考えている余裕などないのです。
 
 
そして、心理学や自己啓発などでは
「人の心配の9割は過去のことや、起こりもしない未来の心配」
と言われていますから

「今、ここ」
に意識を集中させることは、幹部としての態度のみならず、人生全般において良い効果をもたらすものなのです。
 
 
 
 
 
この認識が身についたことで、私もますます願ったことが叶うようになったし
ちゃんと團長にもなれたし、いいことしかありません(≧▽≦)!
 
 
 
 
 
 
 
日常の中で「今、ここ」に意識を集中させる練習をするには、
自分の思考を追いかけることをすると良いかと思います☆
 
 
ちょっと気のついた時に、「今、自分は何を考えていただろう?」と
無意識に続く思考の糸を、ちょっと辿ってみるのです。
 
 
そして、「今考えていたこれは、過去の後悔かな? 未来の心配かな?」と問いかけます。
もしもそのどちらかであれば、感じる必要のない心配ですから、気持ちを切り替えて別のことを考えます。

何かわくわくした気分になれることを考えて下さい!

三高時代の楽しかった思い出とか、大好きなパートナーのこととか、はたまたエッチなお姉さんとか……?(笑)。

楽しい気分になれることならなんでも。ネバーランドに行くのと一緒です♪
 
 
 
 
気になった方はぜひ、この方法を試してみてください(*´ω`)
 
 
 
 
 

皇月ノエル最新作!

 

前世+恋愛+スピリチュアルな物語

 

Gray Dark←詳細はタイトルをクリック!

価格は消費税、郵送費込み1400円。

皇月ノエルのサイン&スピリチュアルメッセージつきです☆

 

メッセージは、私の守護存在アレムルア(Gray Darkのメインキャラクターでもあります)の力を借りて、おひとりおひとりにお書きしています。
「けっこうドンピシャ」と評判です♪

ぜひぜひご一読ください!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

来週土曜の記事は「時間厳守【三高應援團幹部の心得】」です♪
ご期待ください!

 

 

三高51回生 皇月ノエル