小説、好評販売中!

押忍!

三高51回生、第49代應援團長の皇月ノエルです(*^-^*)

 



はじめましての方は、下のリンクから皇月ノエルの自己紹介をお読みいただけます♪
1、皇月ノエルになるまで
2、皇月ノエルの恋愛遍歴
3、三高のきっかけいろいろ



また、外部サイトで個人のブログも更新中です! そちらも見て頂けると嬉しいです。

Endless Magic∞ スピリチュアル作家 皇月ノエルのブログ

ありのまま恋愛應援團長 皇月ノエル



 
 
 
 
 
 
 
 
実は、この尚志ヶ丘倶楽部のHP上で




わたくし、皇月ノエルの小説を販売していただいております!
 
 
 
 
 
 
 
Gray Dark

というタイトルのこの小説は
 
 
スピリチュアル作家 皇月ノエルがお送りする
 
 
 
 
 
 
 
 
恋愛+前世+スピリチュアルな1作です♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
価格は、税+郵送費込みで1400円となっております。
 
 
 
 
 
↑こちらをクリックorタップしてください♪ 
 
 
 
 
本の詳細は下へ……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
厚さ1センチ弱ほどの冊子には
 
 
 
本編1 Gray Dark
 
 
本編2 Gray Dark -another side-
 
 
キャラクター紹介
 
 
皇月ノエルのサイン&メッセージ
 
 
 
 
を収録しております!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
物語のあらすじはこんな感じです♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本編1 Gray Dark
 
 
 
 
 

ガーリア街13番地。

そこには現れたり消えたりする、不思議な部屋があるという噂があった。

偶然にも、セルヴィスはそこへ迷い込んでしまう。

出会ったのは、不思議な部屋の主「アレムルア」。

アレムルアは、いわゆる「普通の」青年とは違っていた。

彼には人の心が読めるという、特別な力があったのだ。

彼に惹かれるセルヴィスと、沸き起こる葛藤。
2人の行く先に待つのは――。

 

 

皇月ノエルがお送りする、恋愛+前世+スピリチュアルな一作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、こちらのGray Darkに関しては
第1章の立ち読み記事もご用意しております☆

 

 

気になった方はぜひ♪

 

GrayDarkを立ち読みする

 ↑の下線部をクリックかタップしていただくと
立ち読み記事に行くことができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本編2  Gray Dark -another side-
 
 
 
 

アレムルアは、くすんだ赤色の扉の前に立っていた。

それはこの先の長い孤独を意味していた――。

 

 

セルヴィスと出会う前、アレムルアは一体何をしていたのか?

なぜあの部屋にいたのか?

「あの時」何を感じていたのか?

本編Gray Darkでは明かされなかった、アレムルアの幼少期からの記憶を追うサイドストーリー。

 
 
 
 
 
 
 
 
……こちらは、立ち読み記事がありません、すいません(;´・ω・)
 
 
 
どこを切り取ってもネタバレになっちゃうんです……。
 
 
 
 
 
 
 
それだけ、本編1 GrayDarkの内容を補完する構成になっています♪
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、サインとメッセージに関しては
 
ご購入が決まった際に、おひとりおひとりお名前を入れて、
心を込めたメッセージを書いていきます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は普段、小説を書いて
インターネット上の小説ポータルサイトに投稿したり
文学賞に作品を応募するために、原稿を書きためておいたりしています。
 
 
 
 
 
 
 
このGrayDarkは、それとは違い、





きちんと冊子の形に製本してあります!
 
 
 
 
 
 
 
印刷会社さんにお願いして、
つるりとした表紙の、立派な一冊に仕上がっています(*´▽`*)
 
 
 
三高生徒会誌「無限」を、もうちょっと分厚くしたような手触りと見た目
と、言えば三高生の皆さまには伝わるでしょうか?
 
 
 
 
 
ちなみに、自分で今回のことをやって分かったのですが
冊子にするのって、思った以上にお金がかかるのですね。
 
 
もう「無限」や、三高祭のパンフレットをむげにできません(;´・ω・)
(※安心してください! むげに扱ったことはありません(笑))
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
100部注文して、なんと10万円かかりました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しっかりした冊子という形にするまでに
私の中でもいろいろな葛藤があり……。
 
 
 
 
 
勇気をかき集めて、印刷会社さんに申込みをしたのを思い出します(`・ω・´)
 
 
 
 
 
 
今まで、ネット上で無料で公開してきた作品とは、気合が違います!
 
 
 
ぜひこの機会に、たくさんの方に私の作品を知って欲しいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
※1400円はちょっと高いんじゃないか、と思われるかたもいらっしゃることと思います。
 
1400円という値段は、税+郵送費込みの値段設定でございます、ご了承くださいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 
応援してくださる方、
Gray Darkにピン! ときた方
 
 
ぜひぜひこの機会にご一読ください!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 どうぞよろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
51回生 皇月ノエル