なぜ應援團は、目立つ場所で練習するのだろう。

押忍!

三高51回生、第49代應援團長の皇月ノエルです(*^-^*)

 



はじめましての方は、下のリンクから皇月ノエルの自己紹介をお読みいただけます♪
1、皇月ノエルになるまで
2、皇月ノエルの恋愛遍歴
3、三高のきっかけいろいろ



また、外部サイトで個人のブログも更新中です! そちらも見て頂けると嬉しいです。

Endless Magic∞ スピリチュアル作家 皇月ノエルのブログ

ありのまま恋愛應援團長 皇月ノエル



 
 
 
本日のサムネは、
いつもと雰囲気を変えてみました♪
 
 
 
 
 
 
 
さて、應援團の普段の練習場所は、たいてい決まっています。
 
 
先輩方にお話をうかがうと、昔は屋上


現在は、校庭の奥(スカイライン近く)です。
 
 
 
 
なぜ現在は屋上で練習しないのかといえば
三高には屋上がないから。
(屋上へ続く階段はありますが、いつも鍵が閉まっているし、あるのは空調設備の機械ばかりなりで、屋上というより屋根という雰囲気だそうです)
 
 
 
 
しかし練習場所が変わっても
2か所に通じるものがある。
 
 
 
 
それは目立つ場所であるということ。
 
 
 
 
 
 
 
應援團はなぜ、どこの部活よりもうるさいのに(笑)、
目立つ場所で練習するのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
練習している姿を周りに見せるためです。
 
 
 
 
 
 
 
應援團とは、頑張っている人を応援するための団体。
 
その應援團が、誰よりも練習を頑張らなければ、他の誰かを応援する資格などない。
 
私は先輩から、そのような主旨のお話をうかがいました。
 
 
 
ちなみに、ドラマ「三・三・七拍子」でも、
同じ話題が取り上げられていましたよね。
 
 
 
 
普段、頑張っていない人から「頑張れ!」と言われても
選手の気持ちが萎えるだけです。
 
 
 
それよりも、普段から頑張って練習をし、
加えて、練習風景が他者に伝わることで
堂々と「頑張れ!」と言えるし、また応援の言葉をうけとってもらうことができる。
 
 
 
そういうことなのだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、ひとつとっても嬉しい話があって

私がまだ應援團に入りたてだった、高校1年生の秋。
 
 
 
先輩にシバかれながら、必死になって応援歌を歌っていたのを、同じクラスの女の子(卓球部)が聴いてくれたようなのです。
 
厳しい朝練が終わって 教室に戻ったら
 
「ノエルちゃんの歌声聞こえたよ! 外周つらかったけど、歌が聞こえたから私も頑張れた!」
 
と言ってもらえて!!!!
 
 
 
 
 
 
ただ、練習をしているだけで、
誰かの励みになることができる。
 
それってとても素晴らしいことだと思いませんか? 
 
 
 
 

私はとっても嬉しくなって、
以来、ますます「誰かがこれを聞いて励みに思ってくれれば……!」と
気合いを入れて練習に臨むようになりました(^_-)-☆
 
 
 
 
 

皇月ノエル最新作!

 

前世+恋愛+スピリチュアルな物語

 

Gray Dark←詳細はタイトルをクリック!

価格は消費税、郵送費込み1400円。

皇月ノエルのサイン&スピリチュアルメッセージつきです☆

 

メッセージは、私の守護存在アレムルア(Gray Darkのメインキャラクターでもあります)の力を借りて、おひとりおひとりにお書きしています。
「けっこうドンピシャ」と評判です♪

ぜひぜひご一読ください!