仙台三高、決勝戦進出ならず(夏の甲子園宮城大会)

 7月30日、全国高等学校野球選手権宮城大会準決勝が行われました。
 プロ注目の好投手を擁する仙台高、強豪・柴田高を撃破して準決勝戦に勝ち上がった仙台三高。古豪・東北高を相手に序盤、中盤は互角の戦いを見せたものの、7回裏、東北高に連打を集められ、28年ぶりの決勝戦進出はなりませんでした。
 しかし、文武両道を体現したナインには、惜しみない拍手が送られていました。応援に駆けつけてくださった尚志会の皆さん、ありがとうございました。
 来年こそ、「甲子園」!!